当然So!

口上は一番下に移動しました。
2000年4月10日(夜2)
夕食後に、Yikes(G4/350)の展示があるお店(売れなくて置いたまま?)にいって、強引にCacheMark 1.1.0 PPCによるテストをしてみました。anakinさんが送って下さったものと同様に、buffer 2-32KBまではYosemite (G3/350)よりかなり高速で、64-512KBまでは大差無し、1024-8192KBで再度かなり速いという結果になっています。私が試したYikes(G4/350)も、再起動直後の状態で、8MByte超の領域でも下がりませんでした。
また、様々なテストを繰り返した結果、メモリが潤沢にあっても仮想記憶ON/OFFで微妙な差が出ることも判りました。CPUの問題か、LogicBoardの問題か、それとも、Systemの問題か、切り分けが難しい状態です。
G400 MAXは当面AGP版だけのようですね。フラッシュバック topicsより
2000年4月10日(夜)
CacheMark 1.1.0 PPCによる結果の続報です。うっかりしておりましたが、この結果にはdisk cacheの容量による影響が出るようです。どちらも、システム起動直後にCacheMark 1.1.0 PPCを起動しています。システムは、Yosemiteが8.6(chimera)で、VM=off, disk cacheは最小(128KB)とdefault(8160KB)で試しています。CPUは350MHz(純正品)とMelco HG3-G3 500(525Mhz駆動)です。グラフはこちら(22KByte PNG format)
いずれにしても、速いCPUの方が8MByteでの下がり方(高速になる程度)が大きいように見えますが、現時点では、純正・非純正のPCMによる差という可能性を除外できません。
anakinさんから、Yikesのデータが寄せられています(このデータはanakinさんのサイトで近日公開とのことですので、楽しみにお待ち下さい)。Yikes速いんですね。それとも、G4が速いのかな? いずれにしても、G4 on Yosemiteのデータが欲しいですね。anakinさん、お使い下さって構いませんが、出来れば私の画像へのlinkにして貰えると、よりありがたいのですが、ご検討下さい。
しかし、WAOさん、だいじょぶなんですか? 奥様はwebを見ないんですか?(笑)
2000年4月10日(昼)
「わるぅく言うと、癖の多いじゃじゃ馬?」(嵐大波(津波互換)/2000.04.09):まさにそうだと思います。頑張ってね。WAOさん。
Miyahira@HI-FIさん:「行くぞ(高クロックの限界まで)」、「すごいぞ(消費電力と発熱が)」、「まけないぞ(Intelに)」のAthlon 1GHzですが、電源ユニットだけではなく、ロジックボードを選ぶでしょうね。なにしろmax.65Wだそうで、VRMが焼けるよ・・・(現在の多くのAT互換機用マザーボードではYosemiteと同じく、CPUコア電圧を作るVRMはボード上に組み込まれている)。配線は180nmだそうで、消費電力が多いのはポリシーの問題でしょう。消費電力が多くても、発熱が多くても、歩留まりが悪くて値段が高くても、ちっとも構わないから、とにかくクロックでIntelに勝つ・・・っていうポリシーね。不毛だけど。
それにしても、PowerPCも、なんとかしろよな・・・(消費電力ふやせっていってるンじゃないよ)。
2000年4月9日(夜)
WAOさんは、非G3系マザーを選択したんですね。PCI 6本の魅力に屈したということでしょうか。それにWAOさんの現在の環境だと、DIMMを買い換えなくても済みますからね。もっとも、5VのDIMMは、だんだん値上がりしていますから、悩みどころですよね。これは、よく言えば「しゃぶりがい」があるマザーボードだと思いますが、高クロックでどこまで安定動作させることが出来るか、続報を楽しみにしております。

[Reply to the BBS]:
d_sさん、はじめまして。これからもよろしくお願いします。
OS入れ替え、CPU入れ替え、ディスクシステムの入れ替え、大改造ですね。ご苦労様でした。時間はかかると思いますが、「1ステップずつ行った方が安全かな?」と私は思います。もっとも、Storage Fighterに接続した新品のHDDにMacOS9を入れるまでが、連続した1つの作業ですね。
私の経験でもOSの起動に失敗した状況で、一度shift起動を行うと、その次にshiftを押さないでの起動を試みると、何事もなかったかのように正常に立ち上がることがしばしばあります。機能拡張書類が無い状態で起動することで初期設定ファイルが書き換えられるためかなあ?と想像しています。
システムの肥大化とメモリ占有量の増大は避けがたいですね。まだ、漢字トーク7が主だった頃Nifty FMACUSで「PowerPC機が普及するとRISCであるしSystem占有メモリ量が20MByteとか、という時代になる」と言ったことがありますが、その当時は「そんなことはあり得ない」という反論が主流でした。RISC CPUだから肥大化したというわけではないのでしょうけれど、いまは標準インストールだと軽く30MByte行ってますよねえ。いまでは、英語版のSystem7.1が占有するメモリは1MByte強なので総メモリ量4MByteでも使えるってことを知らないユーザも多いのではないでしょうか?(もっとも、その手の機種はメモリ増設の上限が32MByteとか、ですけど)。素朴な疑問として、OSでもワープロソフトでも、速度が画期的に速くなったわけでも無し(むしろ遅くなった気がするケースも多い)、画期的に便利になったわけでも無し(Photoshopの磁石ツールなどはかなり便利になったと認めるけど)、それなのに、なぜ、そんなにもメモリが必要なのか、悩んでしまいます。
私はMacOS9を使っておらず情報収集をしていないので判りませんが、フォントや使っていない機能拡張書類の数を減らすことは、いくらか効果があるでしょう。

君羽空夢さん、いつもどうもです。
ちょっと無責任な言い方かも知れませんが、まあ、とりあえず、安定して動けばよいのではないでしょうか。

Tak.さん、Naoさん、どうもです。
凄いものを見てしまった気分です。周囲にもURLを教えて廻りました。

たなかQさん、ありがとうございます。
実は「Yosemiteで8MByteの先はどうなるの?」と思いました。で、暇が出来たら、たなかQさんに、先の結果も出るように作ってくださいと、お願いしようかと思っていたところでした。DIMMの境界がくるからburst転送が出来ずに遅くなるのかと思っておりましたが、DIMMを入れ替えても同じだということは、別の理由ですね。

Tak.さんのweb siteは「情報サイト」ですよ。newsサイトではないかも知れませんが、改造などの作業に必要な情報が詰まっていますから。

Kakkunさん、はじめまして。
ドライバによってカードが認識されると、AppleTalk, TCP/IPコントロールパネルの接続先のpop-up windows menuに「Ethernet slot X」(Yosemiteの場合:XはスロットによってJ9, J10, J11。Gossamerだとスロット名はA1, B1, C1となる)と表示された選択肢が増えます。RealTekの担当者から届いたe-mailによると、もともと100BASE-TXインターフェイスが搭載されているマシンとcard nameが「pci10ec,8139」と表示されるethercardの組み合わせだけがサポート対象だそうです(これ以外でも動作するケースもありますけど)。これ以外では動かないと言ってます。このためGossamer及びそれ以前のロジックボードはサポート対象外です。
PRAGMATIC, BATTERFLYなどメーカーのものが動作するという報告があります。RealTekでは、Kingston, Farallon, SMC, DLink, Accton, ATIなどのメーカーが製造したカードで試しているそうです。坪井@MMASさんの掲示板にも情報があります。
(4月9日分まで)
2000年4月8日(夜)
たなかQ(兄貴工房)さん:コメントありがとうございます。8-16MByteは好スコアで、32MByteで、また遅くなるんですか。不思議ですね。ときに、テストに使われたマシンのDIMM構成はどうなっているんでしょうか?
秋葉原でAthlon 1GHzの販売開始とのこと。もはや、確実に、
「行くぞ」、「すごいぞ」、「まけないぞ(Intelに)」・・・
と言うためだけの1GHzって感じですね。
Matrox G400 MAX 32MB 4xAGPが2万円(税込み)だったので、思わず衝動買い。お金ないのぬ〜。
AT互換機でVoodoo3 2000と比較してみるつもりです。
昨日のweb格付けの結果はこんな感じ(35KByte PNG format)でした(某氏から見せてくれとせがまれたので・・・)。
2000年4月7日(夜)
たなかQ(兄貴工房)さん作製のCacheMark 1.1.0 PPCによる結果です。どちらも、起動直後にCacheMark 1.1.0 PPCを起動しています。システムは、Gossamerが8.1(chimera)、Yosemiteが8.6(chimera)です。グラフはこちら(18KByte PNG format)
黄はGossamer REV.2 + 466/311/1024
青はYosemite REV.1 + 525/262.5/1024
L1 cache, L2 cacheの容量が良く分かる結果です。本当は、同じPCMを使った方が良かったかも知れませんけど、2種類のPCMは、CPU/L2 cacheの速度が拮抗しているためか、プログラムの特性からか、cacheが有効な範囲では、ほぼ同じ測定結果になっています。
気になるのは、L2 cacheが溢れる領域、つまり主メモリ(DIMM)にアクセスする領域です。Gossamerは2MByte〜8MByteまでほぼ同じ結果になっていますが、Yosemiteでは2〜4MByteの方が8MByteより遅くなっています。FSB clock比率からは最大で50%増しが期待されるのですが、2MByteだと、僅かに約13%増しという結果になっています。一方、8MByteだと、64%増しという結果になっています。Yosemiteのメモリアクセスは、8MByteの大きなデータの転送では、Gossamerよりかなり優れているみたいですが、2MByte程度だと大して差がないですね。
この結果についても、以前Tak.さんが指摘なさっていますが、今回私が行った結果も同じでした。

Yuya@Macに首ったけさんのところで紹介されていた「web格付け」をやってみました。評価結果はBでした。

「三悪トリオ復活」だそうです。おめでたいことです。これまで彼らは、「ぜんはいそげ」というかわりに「あくはいそげ」と言ってきたほどの悪役でしたが、新作での役柄は「刑事」だそうで、善玉になったのかと思ったのですが、いまの警察は・・・。
何しろ、彼らは、シリーズ中、勝ちが1回(イッパツマン)、引き分けが1回(ヤッターマン)で、残りは全部負けという凄い通算成績を誇って(?)いる善良なる悪役なのです。イッパツマンの時には、たまちゃんが発射したダイヤモンド弾丸で超能力による遠隔操作ロボットであるイッパツマンが破れるという他力本願的勝利でした。それでも「シリーズ初、悪が勝つ」と言ってましたけどね。ヤッターマンの時には、たしか風呂桶型メカが発射した誘導ミサイルがヤッターワンに命中して、ヤッターワンは大破。ただし、ミサイルが風呂桶メカから切り離せず、彼らのメカも爆発してしまったのだと記憶しています。
では、ここで問題です。

「ヤッターマンカルトクイズ その1」:メカの側面にある取っ手を握った状態で地球の裏側まで出動する凄い腕力のヤッターマンですが、風呂桶型メカとの戦いに引き分けた回には、ヤッターワンが大破してしまいましたが、いったい、彼らはどうやって基地に帰ったのでしょうか?

「ヤッターマンカルトクイズ その2」:大破したヤッターワンは、その後、どうなったのでしょうか?

「ヤッターマンカルトクイズ その3」:「どろんぼー」のメカは、主としてボヤッキーが設計しているようですが、ヤッターワンなどのヤッターマンのメカは誰が作っているんでしょうか?

「ヤッターマンカルトクイズ その4」:王道復古(2作目)で登場した3悪のメカ(成長するメカ:3段階変身)の設計(デザイン)は、誰のクレジットだったでしょうか?

「ヤッターマンカルトクイズ その5」:オリジナルのヤッターマンで「どろんぼー」の親玉(ボス)は、「どくろべえ(通称:どくべー)」でしたが、王道復古(2作目)でのボスの名前は?

全問正解の方には・・・「ヤッターおたキング」の称号を差し上げます。
なお、私の記憶に間違えがあった場合にはご容赦下さい。
2000年4月7日(昼)
坪井@MMASさん、私ですか? 私はStorageは「安全第一」主義なので、TurboMaxも直ぐには飛びつきませんでした。今は2枚使っていますけれど(GossamerとYosemiteで各1枚)。Storage Fighter(ACARD, AEC-6260M)も今のところ様子見です。安定動作しない例も多いみたいなので。proMAX社の出すカードも一度revision upしてから買うつもりです。

先日のHUBの話について switching/dual speed HUBとdual speed HUBの違いは?という質問をいただきましたので、私の判る範囲で。
単なるdual speed HUBの場合フィルタリングは10BASEと100BASEの間だけで行われるようです。例えばABCDEFの6つportがあって、ABCが10BASEで、DEFが100BASEで接続されているときに、10BASE間の通信、例えばA->B(AがBに送信する)のデータ(パケット)は、10BASE接続されているCにも届きます(宛先がBなのでCは受信しませんがデータは行く)が、100BASE接続されているDEFには届きません。逆も同じで、100BASE間のパケットは10BASE接続されている端末には行きません。従って、例えばA->Bの通信と同時に、C->Dの通信は出来ません。A->Bの通信とswitching/dual speed HUBの場合には、個々のport間全ての通信データは、送信先が接続されているportにだけ送られるので、各ポートが10BASEであろうと100BASEであろうと、A->Bの通信と同時に、C->Dの通信が可能です。

はい。Miyahira@HI-FIさん、PCI版がリリースされると良いのですが、そうなると、AGPchipをPCI接続する際に生じるオーバーヘッドが、どれほど性能を減殺するかが気になりますね。いずれにしても、$300+$90ってことは、国内定価が59800円(DVI付きの場合)とか、かなりの額になりそうですから、私はあまり期待していません。DVIなしでも\46800でしょうか。SG-RAM 32MB版としても、AT互換機用は\26000前後ですから、せめて30000円にならなければ買いません(買えません)。選択肢が増えるのは嬉しいけれど、性能改善に見合ったコストであることが大前提でしょう。
2000年4月6日(夜)
今日は疲れました。
MACお宝鑑定団に「Apple Computerが4/10にPinnacle Systems社、Matrox社と記者会見」という話題が出ていました。つまり、Digital Video関連の何かと、G400MAXのアナウンスってことかな。G400MAXはPCIを出さないと意味無いぞ。
以前、Voodooにファンを取り付けると言っても、取り付ける方法がわからないという質問が寄せられていましたが、私が常套手段としているファン取り付け法の写真を公開しているのを忘れていました。ここです。この写真のchipはi740ですが、Voodooでも同じです。取り付けに使用しているのはシリコンゴムで出来たチューブです。ファンは出来るだけ薄型のものを使います。薄いファンの入手が難しければ、CPUクーラーを買ってきて分解してファンだけ使うと良いでしょう。
この方達って、すごすぎる・・・。おやじさんとむすこさん、2代で・・・。奥さま(お母さま)は、泣いてるでしょうね(あるいは既に悟りを開かれているかも・・・)。Tak.さん、凄いネタを、ありがとうございます。しかし、濃すぎる。
2000年4月5日(夜)
ATAPI CD/DVD-ROM Drive動作確認リストにSD-M1212を加筆しました。

[Reply to the BBS]:
君羽空夢さん、こんにちわ。読ませていただきました。
Gossamer REV.1では400MHz超で動かないケースが報告されており、その原因がROMにあるとOWCでは言ってるみたいですけど、私のPowerForce 466/311/1024(IBMのなんですけどね)は、私のGossamer REV.1で466Mhzまでは動いていますので、全部の個体でダメという訳でもなさそうですし、ROMを書き換えれば改善するとしても、100%動かないと言うわけでもなさそうだと感じています。君羽空夢さんのところでも動いていたわけですしね(Motorolaとはいえ)。
Pentium系CPUでは、購入直後はかなりクロックアップしても動作するので、そのまま使っているとクロックアップ状態では安定動作しなくなる例が知られています(酷い場合にはCPU故障)。PowerPC 750で同じことが起こるか判りませんが、この症状は突然起きて不可逆だそうです。で、一旦これが起きたら定格値前後までクロックを下げて使うしかないのだそうです。クロックアップとコア電圧アップによってCPUの寿命が短くなるのは、ほぼ間違いなく、冷却を強くして改善される部分(温度ストレス等)と冷却では回避できない部分(EM:電子浸透?)もあるとされています。私も、寿命が短くなると言っても「10年が5年(あるいは5年が3年)になるなら構わない」と思ってクロックアップしてますけど、もし、今回のケースが上述の症例に相当し、CPU寿命が半年以下にまで短かくなるとしたら、クロックアップしないで使おうと決心する人も多いかも知れませんね。
くどうさん、ごめんなさい。「4月3日(夜)」分を見て練習して置いてください(笑)。
いずみさん。こんにちわ。そして、ご苦労様です。
私もコンパチカード持っていますけれど、使っていません。SoftWindowsも持っていますけれど、これも最近使っていません。実機がありますから。
ただ、実機でも、クロックアップしていたり、適切なドライバが無い(特にマザーボード上の割り込み制御関連のパッチなどが無い)状態で「CABファイルの展開に失敗して、インストールプロセスが異常終了」することを多く経験しています。これにはまると、地獄のWindowsインストール徹夜耐久我慢大会になってしまいます。私もやり(やられ)ました。
Gallantさん、どうもです。
クロックアップ限界がロジックボードのrevision(あるいは個体)によって、変わるケースが知られていますよね。で、あまり論理的でないのですが、ロジックボードごとに電圧やタイミングが微妙に異なり、その部分を拾っている可能性もあるのかなあ・・・と無責任に考えています。
TaKuBoさん、こんにちわ。
でましたか。そんなに簡単にパッチ当てられるなら、何故、放置してあったんでしょうねえ? このbug(仕様?)は、MS-DOSの時代から実装されていたように思うんですけど・・・(9801Fとかパソピア16とかを使っていた頃にも)。
Tak.さん、いつもどうもです。
休暇ですか。よいですね。って、日曜日でしたか。
そうですね。「Airportは最新技術」って言っても100BASEになれてしまうと10BASEには不満でしょうね(Airportは最大11BASE相当?)。外部とのやりとりなら律速がモデムやTAの外側にあることが多いですから問題ないんですけど、内部でのファイル共有だと、ちょっと不満かも知れませんね。勤務先の古いMacintoshにもRealTek chip搭載の安い100BASE cardを買いそろえたい気分です。MacOS9に移行しなければならないとなると問題ですけど。
D-Forceさん、いつもどうもです。
RealTek製chip搭載カードは、かなりの数のメーカーから出ているみたいですね。近所のDOS/V屋でも数種類見ました。RealTekから出してくれていれば良いんですけど、8139以前は売っていたそうですが8139xは自社製カードは外販していないそうです。
Gallantさん、まいどどうもです。「オールドタイプ」のロミオです(笑:Bubble Gum Crisis Tokyo 2040ネタです)。
じつは、さらに13話まで見てしまいました。シリアがちょっとヒステリーというか、トラウマっているというか、脳に傷があるのか、重傷ですね。2040版スーツ装着シーンを見ましたが、2033版と変わりませんね。2033同様に後半で新型スーツにチェンジするのかも知れませんけど。2033よりプリスが冷たい態度をとるけど、その中に秘めた思いやりが良いです。やっぱりプリスが好きかな。俺。
「それはvirtualでやるよりも〜♪」
「うちぬくГ里100万倍良いでしょ〜♪」
という部分の「それ」のところに傍点があるのが笑えます。でも、何回か聞いていると、妄想ゆえか「なまでうちぬく・・・」方がもっと良いのになぁと思えてきました(某秘密結社向きの話題ですけど・・・:に、しても、「業務用」、って、いったい、なに? >> Oyaji様?)。
閑話休題、肝心のDVDネタですが、私もGossamerでの再生を考えていました。Rage128を買って、patchあてしたDVD Player2.1(MacOS9)を使えばOKなのでしょうけれど、Yosemite (region free)でも、AT互換機(region free)でも、PlayerでもDVD再生可能という環境なので、わざわざGossamerで再生可能にするのも、なんとなく馬鹿馬鹿しくて・・・。MacOS用Software decoderの間近との噂ですので、それを待っても良いかと思います(ただしG4-AltiVec必須という噂もあり)。Home Playerの改造ならここにネタがあります。

Power Macintosh G3 (Beige)の電源ユニットは、+3.3Vの容量がかなり小さい。MTで12.5A, DTでは10Aしかないのだ。128MbitのSD-RAM chipは、最大で1個0.6-0.8Wほどの電力を消費する。0.6Wとしても16個だと9.6W。つまりDIMM1枚で9.6Wである。ってことは3.3Vで約3Aとなる。3枚入れたら9Aだ。PowerPC 750は消費電力が少ないことで知られているが、IBM Cu配線タイプの400MHzで最大6Wとなる(アルミだと3-5割増)。Gossamer revision 2以降ではコア電圧が3.3 VラインからVRMによって作られているので、この6WとVRMのスイッチング損失分の合計約2Aが3.3Vラインへの負荷となる。L2 cache(512KByte分・200Mhz動作)が1個1Wとして2Wで0.6Aとなる。ここまで足すと既に11.6Wだ。もちろん、これは概算の最大値だが、実際にはメモリコントローラやI/Oコントローラなども3.3Vを喰う。XPC106は、最大で2A前後を消費するだろう。こう考えていくと、Power Macintosh G3 DT (Beige) で、128あるいは256MByte DIMMを3枚挿して使うのは、いささかつらいかもしれない。電源を大容量のものに交換したら動くかも知れないが、もともと3.3V 10〜12.5Aで設計してあるため、logicboard上のパターン(配線)による制約で十分な電流が供給できない可能性も考えられる(現状では検証していないので可能性だけの問題)。ちなみに青白ポリタンだと3.3Vラインの容量は20A(ただし5Vと併せて100W以内)にまで増強されている。
c|net news Japanの今日のアンケートは「MSの有罪判決を支持するか?」:20時30分現在92%が支持。
2000年4月5日(朝)
X68000のROM, OSが公開されたとのことです。マニアの方には嬉しいことですね。
2000年4月4日(夜)
c|net news Japanによると「X-BOXは成功すると思うか?」のアンケートに、2288解答の中の87%がNoと答えていることが判った。ちょっと安心した。それでも13%の人は成功を信じているらしい・・・。
私は、SONY一人勝ちの世界やApple一人勝ちの世界は、決して望まないのと同じくらい、MS一人勝ちの世界を望まない。
いずれにしても、いまのハードディスクの故障率ではハードディスクのあるゲーム機は歓迎できない。
近所のスーパーマーケットでもMATRIXのDVDを売っているので驚いてしまいますが、DVD-ROMドライブも売れているらしく(あるいは、メーカーが「ここぞ」とばかりDVD搭載モデルに集中しているのかも)、在庫を切らしているお店が多いようです。
私もなんと言っても特撮TVなら「サンダーバード」が最高と信じて疑わないので、ODINで検索してみました。かなりのヒット数でしたが、「てっちゃん」のサイトが多く出てきました。わたし自身もLyon出張の際に、自腹を切ってTGVに乗った程度には「そのけ」がありますが・・・。
この文章(NOBLEさんの4マルクの部屋)を読んでいて嬉しくなりました。もう一つありました。ただ、2作目の映画である「Thunderbird 6(サンダーバード6号)」は、1作目の映画がハードすぎた(メカが前面に出過ぎた)反動からか、対象を低年齢化したように感じられました。TV版と比べると日本語吹き替え版のできが「いまひとつ」と感じました。(この話題、たぶん2度目)
私も、初めて字幕の(あるいは字幕すらない)サンダーバードを見たときには感動しました。
『波動小麦粉「サンダーバード」』とは、いったい、なに?
お願いだから、「ヤマト」と混ぜないで・・・って違うみたいだけど。
XLR8 Your Macには、「Millennium G400 MAX AGP」がProMax社の開発したMacOS用firmwareを載せて登場するとの話題があったが、さて、メリットがどれほどあるのだろうか? 確かに、もともとG4 Macに搭載されているRAGE 128は速いほうではない。が、G400 MAXが優れているといっても「格段に」とは行かないだろう。PCIのカードならセカンドモニタ用に回せるが、純正品であるMacintosh専用のRAGE 128(AGP)を「使い回すあて」はない。DVIアダプタをつけると$400近くになることも大きなデメリットといえるだろう。AGPカードを搭載しないSawtoothマシンがリリースされるとか、Sawtoothをパーツとして外販しているならとにかく、大きなメリットが見えてこない。
はい。「島根」は凄いらしいですね。Miyahira@HI-FIさん。どうせ買えない私はTakamacさん経由で「ワイルドキャット」を読んで笑うしかありませんでした。ときに「島根」の単品販売、はじまちゃったから、スタパ齋藤さん、頭に来てないかなあ?
2000年4月4日(昼)
ねむいっす。
Mobyさん、書き込みありがとうございます。そうですね。System InfoのCPUスコアだと、同じクロックでYosemiteがGossamerやTNTに負けるんですよね。今のところ、SystemInfoの作り方とメモリアクセスタイミングの問題ではないかと想像していますが真実は不明です。というのは、GossamerとYosemiteを比較するとFSB(メモリバスクロック)は66MHzから100Mhzにアップしていますから、他の条件が同じならメモリアクセス速度が1.5倍になる筈なのですが、私がGaugePROやMemBenchで測定した結果は1.5倍に届きません(同じPCM, 同じHDD, 同じDIMMでのテスト)。
以前、Tak.さんがご指摘になられてましたが、YosemiteはDIMM slotが4本あります。Gossamerには無かったラッチ(アドレス&コマンドラッチドバッファ:CPUからDIMMスロットに伸びているパターンの上に綺麗に並んでいるので私にも直ぐ判ります)がアドレスバスに設置された上に、クロックドライバ(放熱シール付きのchip)がDIMM制御用に増設されています。このことから、XPC106単体では、4つのDIMMを安定動作させるのが難しかった可能性が示唆され、これらを設置したことでDIMMアクセスに時間がかかる可能性が指摘されています。
しかし、メモリアクセス速度自体は、GossamerとYosemiteで1.3〜1.4倍(TNT以前なら2倍近く)にはなっているので、System Infoが何をしているのか、が判らないと本当の理由は判らないですね。
2000年4月3日(夜)
今日もiMODEはおかしい。「しばらくおまちください」とか「メンテナンス中」とか表示される。勤務先からweb siteにはつながったけど、「昨日の朝2時くらいに復旧しました」と書いてあるだけ。
「ビジネスに!」とか、TV CMで「がんがん」宣伝しているんだから、何とかしろよな〜。
ああっ、Tak.さんまき@しこたまMacintoshさん、ごめんなさい。来年はもう少し違ったネタにしますから・・・。
私は、どこかに必ずlinkを隠しておくのをポリシーにしていますので、次回も頑張ってください。ここで練習できます。(って、べつのねたにするんじゃあねえのか・・・)。
8倍速のCD-Rをメインに使っていて、勤務先で2倍速CD-Rを使うと、時間がかかるので気が狂いそうになる。PowerDomain 2940UWに接続したORBを8倍速のsource driveにして、問題は起こらないが、ORBのドライバをstreamingに設定しておく方が良いみたいだ。12倍速+BURN-PROOFが欲しい。
2000年4月2日(夜)
iMODEのアクセス不能が昨晩と今晩、起きている。今朝みたら、「サーバーの再起動で復旧しました」と表示されていたんだけど、今、また、ダメになってる。しかも、dialupでinternet経由で、www.nettdocomo.co.jpにもつながらないぞ、どうなってんの・・・?。
1月1日に起きた不通トラブルにも、マスコミでも、web siteでの個人のコメントでも、通話が集中しすぎた結果だから「仕方がない」という論調が多かったが、Docomoは莫大な黒字を計上しているのだから、相当な余裕をもてるはずであり、設備の増強やメンテナンスに関する準備や注意に関して怠慢だといわざるを得ない。
電力会社や電話会社は、真の自由競争市場にいるわけではないので、黒字幅を公定歩合に連動させる形で制限(例えば、黒字の割合が公定歩合の3倍以内とか)しても良いと思う。そして、それ以上の黒字がある場合には、さかのぼって料金返還して貰う。そうでもしないとスリム化が出来ないだろう。
いま、外圧で料金引き下げが起こりそうだけど、・・・。
今後の設備投資のために、内部保留を大きくしているという説明があったように思うのだが、そういってる以上、簡単にアクセス不能では困るんだよ。
Yahooのオークションで、MELCO HG G3-500が、最低価格¥68000だって・・・。さっき見たときには、未だ秋葉館に在庫あったけどね。出品者は、なにか勘違いしてるのかなあ? それとも、タイミング間違えた? 「しゃーく」だとしても秋葉館の在庫が切れてから出すべきだよねえ。「しゃーく」でないと言うなら、最低価格3万スタートなら4万円前後まででセリになるかも・・・。
Yosemite REV.1が\65000ってのもあった。これも高い。「350DVD」となっていたからVideocard(DVDデコーダ)込みかと思ったので、それなら妥当かなあと思ったんだけど、実際にはロジックボードだけだった。しかも「封印破け」。五州ではYosemite REV.1が\59800だったし、DO夢でYosemite REV2が\69800でしょう。これも、2.5万スタートで3.5万前後までかなあ・・・。流れてきたロジックボードは、基本的に修理代行店での修理(有償修理)を受けられないから、とても不利なんだ。米国のパーツ取扱店では、exchange(故障のロジックボードを送ると、同じパーツ番号でそれとは別の動作するロジックボードを売ってくれる)してくれるけど、今の相場で$400くらい。だから、初期不良だけでも保証してくれるshopから買うべきなんだよ。
これら2点は、さすがに誰も応札していない。
2000年4月2日(夕方)
今朝、「四月馬鹿」対応の「インチキforbidden」状態から、いつものように戻そうと思って、忘れて出かけてしまいました。良い天気(オープンびより)でしたから・・・。慌ててしまったみなさま、すみません。なお、netproでは、ファイルが存在しないURLに飛ぶとこのように表示されます
確かに、うちのサイトは、前科がありますからねえ・・・。
Mobyさんのところで、結果発表がなされていました。もう少し、時間があれば、630MHzで動作させてエントリーしたかったのですが、締め切りまでには、600Mhzまでしか動作させることが出来なかったので、今回は出しませんでした。それ以降も時間が無くて実験していません。今のところ、仕事用にPhotoshop作業に使えるのは525MHzまでです(標準コア電圧設定でのこと)。それ以上(600まで)だと、NetscapeやMS-Officeなどでの作業、あるいはSystem Infoは問題なく動くのですが、1〜数時間するとPhotoshopが止まるので使っていません。
LUCKYさんのGenesisがCPUでトップだったので、これってMPなの?と思ったのですが、実際にはG3-600MHzでした(コア電圧2.7Vだそうで、主電源を落とした後、直ぐにペルチェを止めると焼けたりして・・・)。System InfoのCPU, FPUのテスト結果は、ほぼCPUのクロックで決まるので、コア電圧と3.3Vを上げて、630MHzで動作させることが可能だったら、1800点弱で勝てたと思うのですが、残念です。
ディスク部門では、げんさんの「Quantum ALV-9100LW + PowerDomain 29160N」が圧勝でした。これは順当ですね。
総合評価では、Yosemite+Proformanceがトップでした。これも予想していた通りだったので、ちょっとつまらないなあ・・・と感じました。また、YosemiteのFSB=105Mhzで運用しているユーザが「げんさん」お一人だったのは、ちょっと意外でした。
2000年4月1日(朝〜昼)
フライングのエイプリルフール:「forbidden.」になったわけではありません。「また・・・」、ではありません。

おやじさんのところで行われていた「おやじ風IM対決」をうちのATOK13にやらせてみました。こういうの、出来るだけやらせたくないんですよね。IMがバカになるといけないから・・・とかいっちゃって。
このATOK13は、MS-DOSの時代(たぶん初代はJX-Wordの辞書だと思う)から、私が調教(ユーザ登録単語)してきた辞書です。昔つきあっていた女の子の名前(ちょっと特殊な読みをする)が登録されていたりするので、結婚前には、辞書生理もとい、辞書整理が不可欠・・・。
ATOK13:「女医さんに下を見せてくださいといわれた彼はズボンを脱いで下を見せてしまいました。」
ATOK12との違いは、version upの結果? それとも、私の調教のせい?
RjさんのEGBridgeもOKみたいですが、インストール直後にもOKかどうか・・・(笑)

[Reply to the BBS]:
Tak.さん、いつもどうもです。
勤務先で100BASE-TXになったので、2台あるYosemite搭載機間で、Photoshopのファイルをether越しに開いて編集してみました。耐えられる速度で応答してくれたので嬉しくなりました。自宅は基本的にPhoneTalkのままですが、あまり不便は感じていません。
小さい音の管内放電もあるのですか、知りませんでした。ちょっと考えれば、理屈の上で小さい音の症状もあり得るのは当然ですね。バリスタやスパークギャップは、低電圧に対しては絶縁性を、高電圧に対しては伝導性を示すものですよね。SSRを利用した自作の玄関照明自動点灯装置(夜間ON)にもバリスタを付けてあります。
MATRIX、ご覧になりましたか。DVDの大攻勢ですね。近所のスーパーにもDVDとVHSが置いてあったので驚いてしまいました。MATRIXは娯楽作品としては、おもしろいと思います。SF的には、いまいちの部分もありますが・・・。
地域の性質上仕方がないとはいえ、地面が揺れたり、山が火を噴くのは、あまり嬉しくありませんね。ヨーロッパから来ていた男は、日本に来て生まれて初めて地震(進度くらい)を体験して、驚いて奥さんと抱き合って耐えたそうです。で、暫くして私に電話をかけてきました(夜中に)。私のところへかけてくる前に、実家(ヨーロッパの両親の家)に電話をかけて、そっちは揺れていないか?と聞いたそうです。当然、お母さんは「そんなこと起きていない。危ないから帰ってきなさい」といったそうです。earthquakeと英語で説明しても、容易には自国語にある「地震」に相当する単語が出てこないようでした。
k.imagomeさん、こんにちわ。
押しボタンスイッチが痛んでくると、そろそろ寿命です。テープを貼る応急手当、私も良くやるのですが、スイッチ自体の寿命を短くする副作用が出る場合があるようです。私は作業用のMacintoshは、MacOS8.1(Gossamer+G3 466/311)と8.6(Yosemite+ G3 525/262.5)です。
indyさん、こんにちわ。
3枚ある256MB DIMMの中の、どの2枚を使っても2枚なら安定だけれど、3枚にするとアウトってことでしょうか? USB cardあるいはNexusを外した場合はどうでしょうか? Nexusを外すとOKで、USBを外してもダメでしょうか? あるいは、HDD、FDD, CD-ROMドライブなどを外すとどうなるでしょう?
起動時に画面が黒いままというのは、HDDが廻って、システムが読み込まれているのに表示が出ないのでしょうか? それとも、そもそもシステムの読み込みが起こらないのでしょうか?
どのパーツを外しても、外すと安定性が高くなるなら、個別のパーツというより、電源容量不足により、HDDが廻らない可能性があります。
setsuさん、コメントに感謝いたします。YosemiteとGossamerの両方を使っていますが、搭載メモリ量が多くても起動が速いので、だんだんYosemiteが気に入り始めています。
TaKuBoさん、こんにちわ。
全部が10BASE-T, 100BASE-TXだったら比較的良いみたいですが、一部10BASE-2や10BASE-5があったり、category5と称していてもケーブルが怪しい場合には、トラブルが生じるケースもある見たいですね。私の勤務先では、backboneが10BASE-5なので、bridgeを入れて、部署の中だけ100BaseTXになっていますので、結局対外的な速度は変わらないんです。それでも、かなり速くなりました。
3月31日分まで

古いTozensoのindexへ
64,264 (macintosh1/index.html=58,852)
Copyright (C) 1998-2000 Zap2